琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Prefs
  • サイト内検索
収蔵品紹介
  1. ホーム
  2.  > その他
  3.  >> ご意見・ご感想
  4.  >>> 2012年度下半期

その他

琵琶湖文化館HPに寄せられたご意見・ご感想(2012年度下半期)

充実度の高い「近江巡礼」展、新生美術館の構想に期待
京都府
2013/1/30
静岡市美術館で開催されている「滋賀県立琵琶湖文化館が守り伝える美 近江巡礼祈りの至宝展」を見学してきた。日曜美術館アートシーンの紹介に誘われて、である。最初、筆者は芳賀徹館長の「静岡県立美術館」の方かと勘違いしていたが、近年開館した市美の方であった(県立でもやれば良いのに)。内容はさすがに琵琶湖文化館というべき充実したもので、品格の高い展示手法も市美のこじゃれた雰囲気にマッチしていたというべきであろう。琵琶湖文化館HPに「満足度の高い楽しい展示」という展示評が出ていたが、まさにその通り。筆者は個人的に、荘厳寺蔵の「山越観音像」に衝撃を受けた。下半身を大胆に省略した観音像の意味するところは何なのか、研究上大きな課題を孕む像容だ。こうした資料が常に展示公開されるならば、美術史の研究上も意義のあること。貴県による新生美術館の構想に、益々期待を高めた。
満足度の高い楽しい展示、静岡市美術館「近江巡礼 祈りの至宝展」
    
2013/1/12
静岡市美術館で始まったばかりの「滋賀県立琵琶湖文化館が守り伝える美 近江巡礼祈りの至宝展」を観ました。目抜き通りに面した「葵タワー」の3階にあるアクセス抜群な会場に、私は初めて足を運びましたが、駅前のそこここに琵琶湖から顕現した薬師仏の大きなポスターや看板などが配されていて、期待感がいや増しに増してきました。展示室の演出は素晴らしく、まずは入り口の国宝シルエットの投影に興奮。第一部の神道美術・仏教美術、第二部の近世絵画ともに余裕をもって展示され、しかも数量的には国宝・重要文化財や県指定文化財が目白押し。満足度の高い良い展覧会でした。今回は三井展での仏教美術中心の展示とは趣を変え、近世絵画の優品も交えて陳列されていて、会場内の風景写真や映像の美しさとも相まって、三井展のときよりも一層完成度が高くなったようです。琵琶湖を望む景勝地、風光明媚な滋賀の魅力が東海圏の皆さんにも伝わったはず。グッズも充実、新生美術館での新展開を先取りしたような楽しい会場で、「春から縁起の良い」一日を過ごしました!。
「近美改築予算見送り」再考を
    
2013/1/10
今朝の京都新聞に、「近美改築予算見送り、慎重意見受け時間かけて議論」という記事が掲載されています。県は仏教美術や近代美術など「美の滋賀」の発信拠点を目指し、リニューアルする予定の近代美術館について、新年度予算案への増改築の設計費の計上を見送ることを決めた、との内容です。理由は県議会や経済界から慎重意見が出されたからだというのですが、納得できません。県議会の議員が全員反対しているということなら別ですが、議論すべしとの「声が上がった」のなら、むしろきちんと県議会でオープンな議論をしてもらえばよいのではないでしょうか?。まして経済界の指摘というのは県民の代表の声ですらありません。不透明で密室的な決定に、県民として強い不審を感じずにはおられません。開館時期も先送りになりそうですが、本当にそれでよいのでしょうか?。とくに、びわ湖文化館に収蔵されている国宝などの仏教美術は、早く新しい施設に移転しないとだめなのではないでしょうか。再考をおねがいします。
嘉田知事のリーダーシップで新施設の計画策定と着手を望む
京都府    
2012/12/4
滋賀県の嘉田由紀子知事が、日本未来の党を率いて国政に声を挙げた。福島県飯舘村での第一声は、3・11を歴史の分岐点と見ての脱原発宣言で、学者らしい見識と政治家としての行動の両面に、力強さを感じる。原発問題は国民的課題であり、脱原発の実現に期待する。とともに、滋賀県の行政課題についても着実に道筋をつけられることを望みたい。特に筆者らは、県立琵琶湖文化館の休館問題が未だに明確な解決をみていないことを憂慮している。日本史研究会が声明を発してから5年近く経つのではないか。滋賀県の広報媒体等によると、移転に向けた検討がかなり進んでいる様子ではあるが、明確な青写真が公表されていない状況には不安を抱かずにおれない。嘉田知事の強いリーダーシップで、早期に新施設の計画策定と発表、着手を望む。
嘉田知事の卒原発と「新生美術館」実行に期待
    
2012/11/30
このたび、嘉田由紀子知事が子ども達の未来のため、卒原発の旗を掲げていただいたことに、県民のひとりとして感謝している。また仏教美術を愛する者として、「新生美術館」へ向けた着実な政策実行のため、引き続き知事としての活躍にも期待したい。新年からは静岡市立美術館を皮切りに、琵琶湖文化館の収蔵品を全国に巡回する展示会「近江巡礼」も始まるようだが、滋賀の誇る仏教美術と嘉田知事が、ともに日本中の注目を集めるときがいよいよ到来したのだと、静かな興奮を覚える。今の日本人には、勇ましい国防論や見せ掛けの愛国心などが必要なのではなく、先祖からの預かりものである文化財やお祭り、くらしの美などを確実に次世代へ伝え、未来へツケをまわさない責任ある生活文化を創造しようとすることこそが必要だ。一部ではすでに「近江ブーム」の声も聞かれる。滋賀の思想や文化を知ることが、日本の未来を考える上でお手本になるのだとすれば、県民の誇りこれに過ぎたるはなく、痛快である。
まさに全国巡礼の「近江巡礼」展、楽しみです
    
2012/11/23
若い方なら「近江巡礼展、キタ!」とでもいうのでしょう。「滋賀県立琵琶湖文化館が守り伝える美 近江巡礼-祈りの至宝展-」の開催が同館HP上にアップされました。びわ湖文化館の収蔵品を紹介する展覧会が静岡市美術館、仙台市博物館、島根県立古代出雲歴史博物館で巡回されるというお知らせで、とてもうれしく、楽しい話題に胸躍ります。これまで九州国立博物館にはじまり、韓国国立中央博物館、東京の三井記念美術館と、国立や海外、首都など中央志向の単独展覧会がおこなわれ、県民にとってもほこらしく、郷土の美や文化を見つめなおす機会となりました。今度は全国ツアー、しかも仏様の方から地方を「巡礼」してくださるという粋なはからいで、すばらしい(被災地にも「巡礼」される)。日本中に近江ブームが起き、関心をいだいた人が滋賀へ来てくださる、本来の「巡礼」につながると良いですね。楽しみです。
新美術館に向けて、しっかりとした建物と学芸員の確保を望む
    
2012/11/20
県立琵琶湖文化館の学芸員さんたちが連載する『毎日新聞』の連載「淡海のたからもの」に、ニューフェイスの「宮尾素子さん」が登場した。赤童子という作品について、わかりやすい論旨の解説を書かれ、さわやかな文体にも好感を覚えた。連載のファンである私としては、井上さん、上野さんに加えて多彩な執筆陣ができて、喜んでいます。美術館は作品をしっかり守り、展示する施設も大切なので、県は今後、整備費用56億~35億円といわれる経費をしっかり懸けて、琵琶湖文化館の仏教美術を継承する新建築を是非とも早期に建築いただきたい。そしてその上で、優秀な学芸員さんの確保が建物以上に大切なのではないでしょうか。今後の県の施策に大いに期待しています。
大津浮城歴史会館として開館を
大津市    
2012/11/08
大津市内の城址を総称し大津浮城歴史会館として開館して欲しい。 坂本城・大津城・膳所城は今は其々の地域の城址公園のみ、大津城は何もありません。名神高速大津ICから、現在の建物は一望できる位置にあり、滋賀県に来られたお客様をお迎えする意味もあります。展望台に昇れば比良・上手くいけば伊吹山も見えます。内部にお城の資料・出土の写真などの展示館としても、併設としてロボット館としても未来と過去の学習館としても可能性は沢山あると思います。館長にはロボットのT氏にお願いしたいと思います。入場料は有料ですが200円程度としたいですね。貸し館(会議)等。 設備としては、エレベーター2基、空調の整備 建物としては耐震補強隠す補強ではなく、構造体が見える補強にしたいですね。 外装は吹付けでお城らしい化粧をほどこしたい。 南側の湖面に観光バスがおけるスペースの埋め立て若しくは、コンクリート製のデッキを設けたい。
しっかりとした美術館新館を望む
    
2012/10/09
先週末の新聞に、「新生美術館は規模2倍」と題して、びわ湖文化館の収蔵品などを展示する新しい美術館について、従来の近代美術館の2倍の規模が必要で、整備費用は56億~35億円との試算が発表されたと報道されました。びわ湖文化館の休館から久しく、「ようやく、ここまで来たのか」という感があります。県はぜひとも、56億円をかけて文化館の収蔵品を引き継ぎ、展示するのにふさわしいしっかりとした美術館新館を建設してください。県議会からは「これだけのコストを使うなら、一般の県民が広く喜んでもらえる内容の施設に」という積極的な提言とともに、「なるべく安く済む工夫を考えていくべきだ」とする「忠告」も出ているとの報道。一見もっともなようで、後者の「忠告」には決して耳を傾けてはなりません。文化館の貴重な文化財を安全に収蔵展示するためには、安普請の節約建築では絶対にだめです。全国有数の文化財を守るためには全国有数の一級建築が必要なのは自明のこと。未来の滋賀の文化のために、ここでケチることは絶対に禁物です。