琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
見本
  1. ホーム
  2.  > 収蔵品
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >>> 絵画
  5.  >>> 青面金剛図

収蔵品

青面金剛図(しょうめんこんごうず)   江戸時代  1幅      本館蔵

「大津絵の筆のはじめは何仏」、芭蕉の有名な句にあるように、初期の大津絵は阿弥陀などの仏画で、中でも、現在最も多く残されているのが青面金剛である。それは、青面金剛が「庚申待(こ うしんまち)」の本尊として、広く庶民に信仰されたからである。
「庚申」、の日に人々は堂に集まり、夜を徹して様々な事を祈り、酒宴を開いて語り明かす。平たく言えば一晩中眠らないということが最も重要なのだ。なぜかというと、庚申

 

信仰は、中国の道 教思想に基づくもので、人間が本来の寿命を全うできないのは、人間の体内に生まれながら宿る「三尸(さんし)」という三匹の虫のせいだとし、三尸は、庚申の日の夜、人が眠っている間に身体か ら抜け出て天に昇り、天王にその人の行いの善悪を告げ、天王がその罪科によってその人の寿命を縮めるという。三尸がぬけだす庚申の日の夜は、一晩中眠らなければ三尸は出てこれない、という ことで始まったのが「庚申待(こうしんまち)」という行事である。はじめは、釈迦・薬師などを本尊としていたが、江戸時代に入って青面金剛を本尊に祀り、広く民間に広がった。
写真の青面金剛図は、身体は青色、目は額に一目を加えた三眼にし、髪を逆立て、怒りの形相で足下に邪鬼を踏んで立つ姿で、右手に三鈷戟(げき)と宝棒、左手に輪宝と羂索(けんじゃく)を持つ 四臂像である。首に髑髏(どくろ)の瓔珞(ようらく)を飾るのは、密教の明王像に通ずるものがある。両脇に、柄香炉を捧げる二童子を添えるのも、三尊像を意識したものであろう。上部には日輪と 月輪を配し、下辺には三猿と二羽の鶏が描かれる。鶏や日月を配するのは、庚申待が徹夜の行事であり、夜明けを待つ人々の祈る心のあらわれであろうか。猿神については、庚申の申(さる)から猿 が付されるとか、庚申信仰が天台系の修験道を通じて広まったため、天台の守護神である猿神が描かれるのだと言われているが、確かなものではない。三猿にするのは三尸にあわせてのことで、「 見ざる・聞かざる・言わざる」は、三尸の天王への告げ口を防ごうという意図のあらわれであろう。