琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
収蔵品上部画像
  1. ホーム
  2.  > 収蔵品
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >>> 絵画
  5.  >>>> 源氏物語画帖

収蔵品

源氏物語画帖  1幅 江戸時代        全24紙
(げんじものがたりがじょう)     本館蔵 法量   縦 32.4㎝   横 26.8㎝
源氏物語』から「末摘花 (すえつむはな) の巻」の一場面描いたものです。源氏は、亡き常陸 (ひたち)の宮の姫君(末摘花)が心細い様子で暮らしていると聞き、早速その屋敷を訪れると、琴の音が聞こえてきます。そこでもう少し姫君の様子をうかがおうと、透垣(すいがい)の物陰に寄ってみると、そこには前から立っている男がいました。姫君に思いを寄せる者かと思ってよく見ると、それは一緒に宮中から出た頭(とう)の中将(ちゅうじょう)でした。
  画面は、故常陸の宮邸の透垣の陰で、頭の中将が源氏を呼びとめているところが描かれています。邸内では御簾(みす)を高く巻き上げて、末摘花が琴を弾いて います。庭の梅は満開で、松の木の間から十六夜(いざよい)の月が、これらの様子をくまなく照らしています。
  この『源氏物語』は、本図を含めて全12図を一冊の画帖としたもので、江戸時代の作品と思われますが、残念ながら作者はわかりません。金雲を使った伝統的な大和絵(やまとえ)の手法で、『源氏物語』の一こまをよく描いています。