琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
見本
  1. ホーム
  2.  > 収蔵品
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >> 書跡・典籍
  5.  >>> 扁額「開物成務」

収蔵品

扁額(へんがく)「開物成務(かいぶつせいむ)」秋月種樹筆  1面     明治時代  本館蔵
 文化館が一般公開していたころ、2階に設けられた入り口に足を踏み入れてやや上を見上げると、1枚の額が来館者を出迎えていた。それがこの額である。この額は、秋月種樹(あきづきたねたつ)という幕末から明治期に活躍した人物の書である。秋月種樹は、天保4年(1833)、日向国(現 宮崎県)高鍋藩主・秋月種任の三男として生まれた。種樹は、安井息軒(そつけん)に儒学や漢学を学んで頭角をあらわし、文久2年(1862)、幕府が設置した学問所の初代奉行となった。

 この額には、「正三位秋月種樹書」と署名があり、その左脇には落款が二つある。上は「秋月種樹」、下は「古香」と読むことが出来るが、古香は種樹の雅号である。上の落款では「月」の部分が象形文字で表されておりなかなか面白い中央の文字は右から左に「開物成務」と書かれており、「物を開き、務めを為す」と読む。これは「易経」という中国の古い書物に見られる言葉で、もともとは「人をして卜筮によって吉凶を知り、それによって事業を成さしめること」(「大漢和辞典」)という意味だったようであるが、「人々の知識を開き、世の中の事業を達成させる」(「新字源」)といった意味で使われるようになった。

 この額の大きさは、およそ1m、横3mと巨大で、1枚板が使用されている。昭和23年(1948)年に開館した滋賀県立産業文化館(旧武徳殿)の入り口にも掛けられており、以来およそ60年にわたり、滋賀の文化財に親しむ多くの人々を見守ってきた。