日別アーカイブ: 2018年9月26日

「花湖さんの打出のコヅチ」第4回 開催しました

おかげさまで、ますますご好評をいただいております「滋賀の文化財講座 花湖さんの打出のコヅチ」です。20日(木)には、第4回目の講座が開催され、雨が降るあいにくのお天気となったにもかかわらず、167名もの方にご参加いただきました。今回もまた多くの方にご来場いただきましたこと、改めてお礼申し上げます。

講座では、県教委文化財保護課の菅原和之氏を講師にお迎えし、「世界遺産・国宝延暦寺根本中堂の魅力と平成の大修理」というテーマでお話しいただきました。江戸時代(寛永19(1642)年)に完成した今の延暦寺根本中堂も、昭和29年の半解体修理からすでに60年以上経過し、傷みが目立ってきたため、平成28年度から10年をかけての大修理が行われています。今年度は、これまで2年かけて作られた根本中堂と回廊を覆う素屋根が完成し、建物の本格的な修理を開始するということで、これを機に延暦寺根本中堂の魅力・見どころと今回の修理についての詳しいお話を聞かせていただきました。

屋根や軒先、外装だけでなく、内部の柱足元など、普段は見えないところにも生じてきた腐朽や破損。写真や図面をふんだんに用いて、どんな様子なのかを詳しく丁寧にご説明いただいたので、大修理の必要性がとてもよくわかりましたね。また、長年の煤や埃で今は見えにくくなっている彫刻や天井絵などは、修理が終わって、再びその華やかな姿で現れるのが楽しみです。

ところで、滋賀県下屈指の大きな木造建築物である根本中堂を、工事のためにすっぽりと覆っている素屋根は、「スライド工法」という最新の工法で建てられたそうですが、この工法が取られたのはなんと!!滋賀県では初めてのことだとか。伝統的な技法で建てられた建造物と最新の建築技法の出会い。そういった所も今回の修理の見どころかも知れませんね。

延暦寺は世界遺産にも認定され、注目度も抜群のスポット。それを反映してのことでしょうか?講座終了後の質疑応答の時間にも、いつも以上に多くの方からのご質問を受けました。なかでも、「延暦寺がよく京都のお寺だと思われていることについてはどうですか?」というご質問に対して、講師からの「今回の工事を通じても、滋賀の誇るべき文化財であることを、前面に強く出してアピールしていきたい」というお答えに、参加された多くの方が納得の表情で、大きく頷いておられたのが印象的でした。

「平成の大修理」は、まだまだこれから続きます。滋賀の誇るべき国宝・重要文化財が、本来の輝きを取り戻していく過程を、皆で見守っていきたいですね。

カテゴリー: 文化財講座 | 「花湖さんの打出のコヅチ」第4回 開催しました はコメントを受け付けていません。