日別アーカイブ: 2018年12月28日

≪特集≫朝鮮通信使と近江 in 『湖国と文化』

約40年の長きにわたって近江文化の魅力を発信し続けている季刊誌『湖国と文化』。新春の最新号では、去年10月に「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコの世界の記憶(世界記憶遺産)に登録されたことを記念して、「朝鮮通信使と近江」と題した特集が組まれています。
登録された記録資料は日韓あわせて111件333点、滋賀県からは当館所蔵の「琵琶湖図」(円山応震筆)をはじめ絵図や書跡など、4件39点が登録されました。
そして本号では、当館の琵琶湖図(朝鮮通信使一行を描いた部分)を大々的に表紙としてお使いいただいており、先日、出来たてホヤホヤをいち早くご恵贈いただきました。誠にありがとうございました。
特集内容は、県内の登録資料をカラー図版で紹介するだけでなく、各分野の専門家が分担して、「朝鮮人街道」といわれる街道筋の歴史や文化、長浜出身の日朝外交の功労者・雨森芳洲について、近江に伝わる朝鮮通信使へのおもてなしの食文化、さらに現代において行われている日韓交流の活動記録などを執筆した、大変充実した内容となっています。皆さん是非、手に取っていただければと思います。

学芸員W

カテゴリー: 未分類 | ≪特集≫朝鮮通信使と近江 in 『湖国と文化』 はコメントを受け付けていません。