琵琶湖文化館 the Museum Of Shiga Pref
  • サイト内検索
収蔵品上部画像
  1. ホーム
  2.  > 近江の文化財
  3.  >> 収蔵品紹介
  4.  >>> 絵画
  5.  >>>> 絹本著色愛染明王像

近江の文化財

絹本著色愛染明王像       1幅 重要文化財  鎌倉時代
(けんぽんちゃくしょくあいぜんみょうおうぞう)長浜市 総持寺所蔵  法量     縦 231.0cm ×横 155.5cm
 全身真っ赤なほとけがいます。名は 愛染明王 (あいぜん みょうおう ) といい、 不動明王 ( ふどうみょうおう ) な どと同じ密教のほとけです。愛情の激しさが赤色となり、悪心を払ったり、男女の恋愛を祈る本尊となります。

 密教のほとけには、多くの手足を持つなど超人間的な姿が見られます。愛染明王は全身赤色で、髪を逆立てて怒りをあらわしています。顔面には通常の目のほかに、額の中央に第三の目があります。頭上には、獅子の頭部をあらわした冠が見られます。これは百獣の王ライオンの力を誇示しているのでしょうか。手は合計6本。弓矢を持つのは、ローマ神話の愛の神キューピットと同じで、何らかの関連性を感じさせます。明王の坐す下にはさまざまな宝物を吐き出す 宝瓶 (ほうびょう ) が置かれます。制作年代は、鎌倉時代と考えられます。
 


※写真をクリックすると、全方面の画像を見ることができます。