琵琶湖文化館 ロゴと名称
  • サイト内検索
琵琶湖文化館について
  1. ホーム
  2.  > 琵琶湖文化館について
  3.  >> あきつ君について

琵琶湖文化館について

 琵琶湖文化館のあゆみ
 今後のあり方について
 琵琶湖文化館写真集
 あきつ君について

あきつ君について

  • 屋上に取り付けられる前
  • 昭和36年
  •    琵琶湖文化館本館展望閣の屋上からさらに8m余り上に、両羽根をひろげた長さが3mという“大トンボ(あきあかね)”が置かれています。昭和36年の琵琶湖文化館創建にあたって、あえてトンボをシンボルとした理由はいくつかあります。
     万葉の昔、日本は秋津島(蜻蛉洲)と呼ばれていました。秋津(蜻蛉)とはトンボの古名で、滋賀県は秋津島の中心にあり、日本を象徴する蜻蛉(トンボ)をシンボルマークとしたのです。
     また湖面をスイスイト泳ぐように飛ぶトンボの姿に、健康、明朗といったイメージを抱き、トンボの眼のようにクルクルと四方を見渡し、広い視野をもって事にあたるという意味合いも含んでいます。
     開館当時このトンボは、夜になると眼を光らせて回転し、灯台の役割も担っていましたので、その印象が強く愛称で「とんぼのお城」と呼ばれることもありました。
  • 目が点灯されていたころ
  • 昭和40年ころ
  • 文化館は夜になると本館頂上のトンボをはじめ各階に設けられた照明施設が煌々と点灯し、周囲の漆黒とも相まってさながら不夜城のようでした。
  • 4階パネル展示のリニューアル
  • 平成19年
  •  
       滋賀県では、県内の小学5年生を対象に琵琶湖を航行する学習船「湖の子」の体験学習があります(びわ湖フローティングスクール)。
     休館前、当館はこの学習プログラムによる寄港地活動の拠点の一つとなっており、子ども達にも分かり易く文化財を説明しよう、親しみを持って学習してもらうために、屋上の大トンボをマスコットキャラクターにした『あきつ君』を新しく誕生させたのです。この時リニューアルした4階パネル展示を、様々なポーズをしたあきつ君と一緒に楽しめるように工夫しました。
  • 休館中もHPで活躍するあきつ君
  • 平成20年~
  •  平成20年に休館となってからは、HPを中心に活躍するあきつ君。職員が文化館の日常を綴る「あきつブログ」の中で、 時には季節の風景とともに、時には派手なコスプレで登場したりと 、そのお茶目でユーモラスな表情に「かくれあきつファン」も増えているようです。